William Shakespeare - History ① Richard III

William Shakespeare, Richard III (1592)

f:id:classlovesophia:20170711014051p:plain

Kevin Spacey in Sam Mendes' production of Richard III at the Old Vic

 

Richard III is a historical play by William Shakespeare, believed to have been written in approximately 1592. It depicts the Machiavellian rise to power and subsequent short reign of King Richard III of England. (Wikipedia)

 

いや、

マチュアの人かもしれないけど、素晴らしい !

youtu.be

Spoken by Richard, Richard III, Act 1 Scene 1


Now is the winter of our discontent
Made glorious summer by this sun of York;
And all the clouds that lour’d upon our house
In the deep bosom of the ocean buried.
Now are our brows bound with victorious wreaths;
Our bruised arms hung up for monuments;
Our stern alarums chang’d to merry meetings,
Our dreadful marches to delightful measures.
Grim-visag’d war hath smooth’d his wrinkled front;
And now,–instead of mounting barbed steeds
To fright the souls of fearful adversaries,–
He capers nimbly in a lady’s chamber
To the lascivious pleasing of a lute.
But I,–that am not shap’d for sportive tricks,
Nor made to court an amorous looking-glass;
I, that am rudely stamp’d, and want love’s majesty
To strut before a wanton ambling nymph;
I, that am curtail’d of this fair proportion,
Cheated of feature by dissembling nature,
Deform’d, unfinish’d, sent before my time
Into this breathing world scarce half made up,
And that so lamely and unfashionable
That dogs bark at me as I halt by them;–
Why, I, in this weak piping time of peace,
Have no delight to pass away the time,
Unless to spy my shadow in the sun,
And descant on mine own deformity:
And therefore,–since I cannot prove a lover,
To entertain these fair well-spoken days,–
I am determined to prove a villain,
And hate the idle pleasures of these days.
Plots have I laid, inductions dangerous,
By drunken prophecies, libels, and dreams,
To set my brother Clarence and the king
In deadly hate the one against the other:
And if King Edward be as true and just
As I am subtle, false, and treacherous,
This day should Clarence closely be mew’d up,–
About a prophecy which says that G
Of Edward’s heirs the murderer shall be.
Dive, thoughts, down to my soul.

 

 

リチャード三世の遺骨が駐車場地下から発掘された !

 

2012年8月、リチャード3世の遺骨が、記録された埋葬場所と一致するレスター市中心部の駐車場の地下から発見された。遺骨は頭蓋骨に戦闘で受けたとみられる複数の傷があり、また脊柱に強い脊椎側彎症が確認された。王の遺骨発見に大きく貢献した歴史家のジョン・アッシュダウン・ヒル博士によって探し出されたリチャード3世の姉アン・オブ・ヨーク(en, 1439年 - 1476年)の女系の子孫(カナダ人マイケル・イブセン)のミトコンドリアDNA鑑定をレスター大学が行い、2013年2月に遺骨をリチャード3世のものと断定した[1]

また、同チームは遺骨からDNAを採取し、ゲノム解析のうえ髪や瞳の色などの容姿の特定、ならびに健康状態の調査をする方針を2014年9月に発表している[2]

その後、遺骨を法医学的に分析し、ボズワースの戦いでは11カ所の傷を負っていたことが明らかになった。そのうち9カ所は兜によって防護されていなかった頭部にあり、頭蓋骨にはのこぎりのような武器で削いだ傷や、骨を貫き脳にまで達した刺し傷もあった。致命傷になったとみられる2カ所の傷は、脳内に数cmから10cm程度入り込む頭蓋骨への刺し傷であり、この傷によって一瞬にして意識を失い、その後心肺が停止したと考えられる[3][4][5]

しかし、リチャード3世のDNAが曾祖父の兄であるジョン・オブ・ゴーントから続く同家系の男系の子孫と一致しなかったことから、ある時点で公式の家系図に書かれた父親とは違う父親を持つ子がいたことを意味し、その結果、ランカスター朝ヘンリー4世ヘンリー5世ヘンリー6世と、ヘンリー7世から始まりヘンリー8世エドワード6世メアリー1世エリザベス1世で終わる「テューダー朝全体」に、嫡出に関する疑念が生まれている[6]

2015年3月26日、調査が終了した遺骨はレスター大聖堂に再埋葬された[7]

 

www.dailymail.co.uk

richard III に対する画像結果

 

Clues: Richard III's skeleton showed signs of horrific injuries and the curved spine also matched accounts of the humpback king